iPole7 ファブリック グリーン 疲労や腰痛、神経痛の悩み

 






iPoleチェアは、世界でもヘルニア治療の最先端機関として名高い、韓国ウリドル病院の外科医グループにより発案されました。


外科手術は、長時間、同じ姿勢による繊細で正確な作業を必要とするため、医師達も疲労や腰痛、神経痛が悩みの種でした。


そこで、手術用チェアとして医師たちにより発案されたのが、iPoleチェアです。


商品に命を吹き込む。

英国屈指の工業デザイン会社

Tangerin


ウリドル病院の医師達の発案から立体デザインを行いiPoleを商品化したのは、ロンドンに本拠地を置く工業デザイン会社 Tangerin です。


Tangerinはあらゆる工業デザインを請け負う高名なデザイン会社で、携帯電話から航空機のシートまであらゆるデザインを手がけ、実用性と高いデザイン性を兼ね備えた商品を生み出すプロフェッショナルです。









>>>>iPole7 ファブリック グリーン