メイクからダイエット、健康全般

美容・健康

健康 改善

「痔」改善

投稿日:

痔の種類には大きく分けて、痔核、裂肛、痔ろうの3種類。

【痔核】
いわゆるイボ痔。
血行が悪くなり、静脈が鬱血して血が溜まり、イボの様に膨らんでしまう状態。

痔核には、内痔核と外痔核がある。

内痔核は消化管の内側にできるイボ痔。
消化管には痛みを感じる神経がないで、内痔核の場合はほとんど痛みを感じない。
なので、痛みは無いのにある日突然、
排便時にドッと出血して便器を真っ赤に染めるような鮮血が出ることがある。

外痔核は皮膚の外側に出来るイボ痔で、痛みを感じる。
便秘がちの人が、排便の際にいきむとプクッと膨れてしまうケースもある。
一般的にイボ痔というと、この外痔核を想像する人が多いのでは。

痔核の手術方法はいくつかあるが、
切除術の場合は神経の通っている肛門部分まで切除するため、
術後は患部に痛みがあり、
排便時には力が加わりますので特に痛みを感じる。
また、痛みが引くまでの1~2週間程度は入院が必要に。

最近はジオンALTA療法という方法もあり、脱出を伴う内痔核に有効だと言われている。
内痔核の周辺部分に薬剤を注射し、痔核とその周りの組織を固めて血流を妨げ、
イボ痔を萎縮させる方法。
注射するだけで、入院日数も1~2日程度ですので簡単に思われる方も多いようだが、
下半身麻酔を施すので、身体には相当な負担がかかる。

また、ジオンという薬自体が非常に強力なため、
他の組織に影響を与えないように注射をする必要があるので、
熟練した技術を要し、講習を受けた特定の医師しか手術することは出来ない。
それに、高い確率で再発する可能性があるとも言われている。

【裂肛】
いわゆる切れ痔。
便秘の方が数日振りに硬い便を排便した時、肛門が切れてしまうなどのケースが裂肛。

便秘も勿論原因の一つだが、肛門の周りの筋肉がしなやかさを失っていたり、
肛門自体が狭くなっていて、便が通過する時に切れてしまうケースもある。

裂肛の人は、肛門の緊張が強い場合も多く、
その緊張を正常な状態に戻さなければ裂肛は治らない。

裂肛の手術は、切れ目を入れて肛門を伸ばすことで、緊張を正常な状態に戻す。
伸ばし加減がとても重要で、伸ばし具合が足りないと再発し、
逆に伸ばし過ぎると肛門が緩くなる恐れがある。
医師の手技と経験が手術の成功を大きく左右するらしく、
手術は慎重に慎重を重ねて決断することがお勧め。

【痔ろう】
歯状線付近に便が溜まり、細菌が繁殖して膿をもってしまう状態。
その膿が肛門を通るのではなく、肛門の脇に膿の出る出口ができて、出血も伴う。
膿が溜まると高熱が出て、非常に強い痛みを感じる。

痔ろうの手術は大きく分けで2種類あり、開放手術と括約筋温存手術。
大きな違いは、括約筋を切除してしまうか、残せるかにある。

患部と括約筋ごと全て切除する開放手術は、
再発の可能性は低いが、術後に肛門が緩むなどのケースが多く、
術後障害に悩まれる方が非常に多い。
また、括約筋温存手術は、括約筋をなるべく残しつつ痔ろうを切除する方法だが、
高度な技術が必要な上、残念ながら再発の可能性も高くなる。

痔を患っている方の中には、 何度も手術を繰り返す方も少なくない。

これらのことを考えると、手術で痔を完治することが極めて難しいという事実と、
手術には相当の覚悟が必要だということをご理解頂けるかな。

痔について詳しく説明もしてくれないような医師の勧めで手術に踏み切ると、
一生後悔することになるかも。

「医者は一刻も早い手術が必要だと言っている…」
「薬を使用しているが症状は改善されない…」
「もう一生治らないのではないだろうか…」

あなたもこの様に、ご自分のお尻(肛門)を諦めてしまってはいませんか?

ではなぜ、これほどまでに医療が発達した現代でも、痔を治すことが出来ないのでしょうか?

それは、お尻(肛門)は、あなたが想像する以上にデリケートな場所だから。

人間の消化器官は口から始まり、肛門が最終到達地点になる。
母親の胎内の受精卵は、3週間後には三層に分かれた細胞の塊に。
そして、内胚葉、中胚葉、外肺葉に分割される。

口から始まり、食道、胃、腸などの消化器官は内胚葉、お尻(肛門)は外肺葉から出来ている。
その内胚葉と外肺葉に分かれている器官が、10週間後には消化管という1つの管として繋がる。

一度別の組織として発達した、
身体の内側の部分と外側の部分が繋がっているのが、お尻(肛門)。

お尻は、消化器官と皮膚が、
肛門の縁から約2cm奥に入ったところの、歯状線というギザギザの状態で組織が繋がった、
非常に複雑な構造をした場所。

だから、「手術で切れば治る」という単純な考えは非常に危険!

それに、普段のお手入れにももっと気を配る必要がある。

例えば、あなたがカミソリで髭を剃っている時、頬を切ったとする。
又は、料理中に包丁で指を切った時、どの様に手当てをしますか?

よく傷口を見もしないで、トイレットペーパーでごしごし拭きますか?
まして雑菌だらけの便を擦り付けるようなことは、絶対にしないはず!

「どれくらいの傷口の大きさなのか?」
「傷口は深いのか、浅いのか?」
「出血量はどれくらいなのか?」よく観察するはず。

それから綺麗に水洗いをして、適切な処置を行うでしょ。

なのに、身体の中でも非常にデリケートなお尻(肛門)に対しては、
「血が出ていてもその患部を見ることすらしない」という方が非常に多い!

さらにお尻(肛門)は、切れて血が出ているからといって、使わないでおくことは出来ない。
いくら傷ついた状態でも、すぐにまた次の排便はやってくる。

治る暇もなく働いているのが、あなたのお尻(肛門)。

痔の症状がツライからといって、自分のお尻(肛門)を嫌っても仕方ないし、
使わないわけにもいかない。

まずご自分のお尻(肛門)をしっかりと観察して、
正しい手当をしてあげることが何よりも大切。

そして、痔を鎮めて再発させないようにするのが、この痔改善メソッドです。

■手術の必要がなくなる
■薬を使用しなくてもよくなる
■痔だけではなく全身の体調が整い生活すべてが快適になる
■難しいテクニックも必要なく、
いつでも自分1人で行うことが出来るので継続できる
■副作用が一切ない

本来、痔は正しい知識さえあれば、どの様なタイプの痔であっても改善は可能だ。

手術しない!千里堂式 自宅でできる「痔」改善メソッド

-健康, 改善
-, , , , ,

Copyright© 美容・健康 , 2018 All Rights Reserved.